Electronic Artsホーム Electronic Arts ホーム 学生 インクルージョン メリット ニュース コミュニティに参加しましょう LinkedIn Instagram Twitter YouTube 自分のキャリアを見つけよう 学生 インクルージョン ニュース 人材 自分のキャリアを見つけよう

企画から完成まで:LeoとVincentが生まれるまで

ライター兼ディレクターのJosef Faresが「A Way Out」のキャラクター制作、アクション撮影、モーションキャプチャーについて語る

ライター兼ディレクターのJosef Faresが「A Way Out」のメインキャラクター、LeoとVincentについて、また自身で行ったモーションキャプチャーや自社で行ったアクション撮影、そして監獄ゲームの開発について語る

「A Way Out」の制作に至る経緯を教えてください。

至ってシンプルですよ。「A Way Out」でライター兼ディレクターを務めていますが、「Brothers – A Tale of Two Sons」を作ったすぐ後に思いついたゲームで、手掛けて3年ほどになります。

舞台は1970年代初期になっていますが、キャラクターの研究や開発はどうでしたか?

70年代を選んだのは、物語に一番合う時代だったということが大きな理由です。それに、この時代は携帯電話がなく、テクノロジーが現代ほど進んでいなかった。

とはいえ、あまりにも70年代らしくしすぎないということも重要でした。実際のゲームプレイの質を下げるわけにもいかなかったのです。舞台が70年代であることが伝わるようにしつつも、あからさまにはならないようにしました。

Hazelightでは、どれだけの時間と情熱、エネルギーをキャラクター開発に投入しましたか?

何て言えばいいかな。開発を共にした誰もが、私の一日の行動すべてが「A Way Out」のためである事を感じてくれたと思います。本当に大切な作品ですし、手ごたえもありました。このゲームを作ることは、本当に特別なことだと思っています。キャラクターデザインに限らず、ゲーム自体の開発にも、大変な努力が必要なんです。

自分が十分に情熱を持てるプロジェクトでなければ、手掛けられない

監獄というジャンルのゲーム開発は、SFなどの他のジャンルよりも楽しいですか?

多くのプレイヤーが望んでいるのはゲーム内の自由、やりたいことが「なんでも」できるゲームだと思います。監獄系のゲームでは、その自由がある程度奪われます。そんな閉じ込められているような状況でも、危険でドキドキする世界を楽しんでもらえると思います。

SFに関して言えば、そこまで疑問を抱かせずに、突飛なアイディアを受け入れてもらえると思います。舞台が未来の場合が多いですから。

でも個人的には、どんなジャンルでも自分が心から情熱を持てるなら、それが一番だと思います。私自身も情熱を持てるプロジェクトでなければ、手掛けられません。

LeoとVincentのキャラクターデザイン過程はどうでしたか?

LeoもVincentも、試行錯誤を重ねてできたキャラクターです。それぞれに違った個性を持たせるため、何度もやり直しました。

最初の案と現在の彼らの姿は全く異なります。髪型やヒゲなど、数々の要素を試しました。全てが現在の姿に繋がっています。

Leoの場合(1年の開発期間の後)、兄で俳優のFares Faresの顏をベースにすることにしました。兄の顔の良いところは、個性が強い映画向きの顔だということです。だから彼の顔を使いたかった。

技術的な面から言えば、感情や歩く様子などの動作を適切に表現するアニメーション作りを考慮しました。

LeoとVincentのコントラストはどのように描かれていますか?

LeoとVincentの性格は全く違います。状況に対する反応も違えば、世界との関わり方も違います。また、怒りの性質も違う。

Leoは正直で短気、Vincentの方は冷静で落ち着いた性格で、行動を起こす前によく考えるタイプです。

刑務所の中では囚人服なので、着るものは限られていますが、服装もそれぞれの性格を表しています。

モーションキャプチャーとアクションを自社でやってみてどうでしたか?

かなり良かったです。自分たちで動くので、こう動かしたいという希望通りの動きを捉えることができました。私はLeoのモーションキャプチャーを全て担当し、スタジオマネージャーであるOskar WolontisがVincentを担当しました。

モーションキャプチャーだけでなく、アクションも自社で行いました。スタントマンがいなかったので、ジャンプや戦闘、その他全てのアクションは自社で行いました。かなり大変でしたが、何とかやり遂げました。たまにケガもしましたけど。

信じて情熱を傾けているものなら、何でもできるものです。モーションキャプチャーに関しては、長距離を歩いたり、走ったり、全てのアニメーションと動作は自分たちで撮影しました。這って進んだり、かがんだり、ダッシュしたり、ジョギングしたり、20時間程かかりました。

一体何時間モーションキャプチャー用のスーツを着ていたのか分かりませんが、かなり長かったと思います。プロと言っていいぐらい。中には本当に大変なアクションもありました。素人にできる技じゃないことは保証できます!

E3 2017で、ゲームを見てLeoとVincentに出会ったプレイヤーの反応はどうでしたか?

素晴らしかったです。すごく喜んでもらえました。予想もしていなかった程の反応でしたし、かなり注目してもらえました。本当に良かったです!一生懸命に何かを作って、それを人に喜んでもらえるのは、本当に嬉しいことです。

LeoやVincentと、どんな絆をプレイヤーに結んで欲しいと思いますか?

ははは!絆を確かめたいなら、「A Way Out」をぜひプレイしてください!

LeoとVincentが戦ったら、どっちが勝ちますか?

どうでしょう…Leoは戦い方を心得ていますが、Vincentもタフな男なので…引き分けになるんじゃないかな。

 

EAからのニュースやお知らせは、EAのブログTwitterFacebookの公式アカウントでご確認ください。

関連ニュース

Origin Accessゲームアップデート - 2019年10月

エレクトロニック・アーツ
2019/10/08
Origin AccessのThe Vaultの2019年10月の最新情報をチェックしましょう。

「Medal of Honor: Above and Beyond」 - 正式発表

Medal of Honor, エレクトロニック・アーツ
2019/09/25
RespawnのPeter Hirschmannが本作の特徴と「Medal Of Honor」がそのルーツに戻ることについて語ります。

Origin Accessゲームアップデート - 2019年9月

エレクトロニック・アーツ
2019/09/12
FIFA 20、Anthem、Vambrace:Cold Soulなどが、2019年年9月の新作タイトルとしてThe Vaultに登場。
学生 インクルージョン ニュース 自分のキャリアを見つけよう 候補者のデータプライバシー linkedin twitter instagram youtube ゲーム一覧 最新ニュース ヘルプセンター EA フォーラム このサイトについて 採用情報 日本 United States United Kingdom Australia France Deutschland Italia Polska Brasil Россия España Ceska Republika Canada (En) Canada (Fr) Danmark Suomi Mexico Nederland Norge Sverige Korean 中国 法律要件 オンラインサービスの更新 ユーザー契約 プライバシー & クッキー