ホーム Apex Legendsについて よくある質問 PC必要環境: レジェンド シーズン1 バトルパス ニュース メディア フォーラム ホーム 情報 レジェンド紹介 シーズン1 バトルパス よくある質問 PC必要環境: ニュース メディア フォーラム 今すぐ無料でプレイ* Origin(PC) PlayStation®4 Xbox One

Apex Legends 初心者ガイド

アリーナを支配するヒントを学んで、「Apex Legends」のプレイに弾みをつけよう。

現在無料配信中*の「Apex Legends」では、知力、集中力、チーム力を総動員してApexゲームの勝利を目指します。しかし、勝利の女神は優れた準備をした者に微笑むもの。ちょっとしたコツを知っておくことで敗北の苦杯が勝利の美酒に代わることもあるでしょう。

このガイドで紹介する重要なヒント学び、「Apex Legends」のプレイに弾みをつけてアリーナの頂点を目指しましょう。

自分のプレイスタイルに合ったレジェンドを選ぶ

Apexアリーナでは、すべての参加者が対等です。力、スピード、火力に関してレジェンドの間に差はありません。違いを作るのは各自のアビリティのため、自分の好きなプレイスタイルに合った、チームを補完するレジェンドを選ぶことが大切です。

例えば、対戦相手の攻撃を防ぐチームの盾となりたい場合は、 力強いジブラルタルがおすすめ。部隊全員で長距離を移動して敵に奇襲を仕掛けたい場合は、 便利なグラップリングフックを操るパスファインダーが最適です。回復系のアビリティを使ってチームのサポート役に徹したい場合は、 ライフラインでアリーナに向かいましょう。自分が担いたい役割を見つけ出して、それに合うレジェンドを探してみましょう。

チーム単位で戦う

3人チームがアリーナで戦いを繰り広げる「Apex Legends」では、チームプレイが勝敗を大きく左右します。チームで戦い、それぞれのアビリティを組み合わせれば互いを守りながら、対戦相手を上回ることができます。例えば、レイスのディメンションリフトをうまく展開すれば、油断した相手の頭上にチームを移動させることができ、コースティックのNoxガスを使えば敵を退けて仲間を守ることができます。

単独で攻め込もうとしても、チームが相手では簡単に圧倒されてしまいます。チーム一体となって行動して、勝利を引き寄せましょう。

便利な通信ツールで仲間と交信する

役立つアイテムや場所を画面上のシグナルとして送信できるゲーム内システムを介して、仲間と重要な情報をやり取りできます。

見つけた装備品の正確な位置と種類、迫る脅威や、自らの進行方向といった情報をマイクを使わずに仲間へ伝達することができます。これを利用して自分の視覚情報を仲間に伝え、チームで最新の情報を共有しましょう。

アリーナに慣れる

すべてのApexマッチが開催されるキングスキャニオンは、数々の廃軍事設備と圧倒的な自然に満ちた、非常に危険なマップです。大きく開けた平地から廃虚で埋め尽くされた沼地、無人の前哨基地が遍在する広大な砂漠まで、さまざまな地形で構成されています。最適な移動手段や武力衝突の可能性が高い地帯、最高のアイテムを拾える場所を把握しておくことで、戦いを有利に進めることができます。

これはリングが縮小し始めた際に特に重要です。バトルロイヤルの王道を踏襲した本作では、アリーナが一定間隔で縮小し続ける巨大なリングに囲まれています。リング外ではダメージを受け続けるため、プレイヤーはリングに飲み込まれないように、必要なアイテムを拾いながら素早く移動しなければなりません。環境を把握していれば、素早く決断を下しながら、効率よく移動することができるようになります。

慎重に強力なアイテムを狙う

マップでは区画ごとに様々なティアのアイテムが登場します。ティアの高い武器やアーマーは高性能を誇り、所有者の生存率も高めてくれるでしょう。マップには大量の高ティアアイテムが見つかる地点が散在し、そこにはあらゆるプレイヤーが一番乗りを目指して殺到します。特に優秀なアイテムを多く搭載しているのが不特定の地点に着陸するドロップシップで、そこに到着すれば最強クラスのアイテムを手に入れることができます。

マッチ開始時は全員が武器と防具を装備していないため、危険を冒してまで高ティアアイテムを取りに行くべきかを、チームで判断しなければなりません。そうした地点の場所は… 自分の力で探し出してみてください。

仲間を復活・リスポーンさせる

緊密に連携の取れた部隊は、レジェンド単独では絶対に成し遂げられない、互いを復活させる戦術を取ることができます。体力が無くなると、生きてはいるものの動きが遅れ医療措置が必要なダウン状態になります。そして救援が届く前に命を落としても、あなたを蘇らせてくれる最後の手段が存在します。

レジェンドは全員が、死亡時に落下するレジェンドバナーを携行しています。この仲間にしか拾えないバナーをリスポーンビーコンへ運ぶことで、レジェンドを蘇生させることができるのです。リスポーンには時間がかり復活時に装備をすべて失ってしまうため、この行動には大きなリスクが伴います。しかし、蘇生に成功すればチームを敗北の危機から救い出すこともできるため、チャンスは逃さないようにしましょう。

ジャンプタワーやホットゾーンなどを活用する

キングスキャニオンに配置された様々な準永続オブジェクトを使えば、有利に戦いを進めることができます。ジャンプタワーを使えば空高くへと舞い上がり、地上へとダイブすることでチーム全体がマップを素早く移動することができます。マップ上の不特定地点に出現するホットゾーンへ最初に到達すれば、高ティアアイテムを獲得することができます。リスポーンビーコンは戦いに倒れた仲間を蘇らせる設備です。

窮地を脱出するにせよ敵の不意を衝くにせよ、こうした設備の使い方を覚えておくことでチームの戦術の幅が広がるでしょう。あたかも、新たな武器を隠し持つかのように…。

あらゆるものを無駄にしない

アリーナでは様々なものが手に入る可能性があるため、アイテムを見つけたらためらう必要はありません。ボディーアーマーや武器のアタッチメント、携行アイテムを増やしてくれるバックパック強化といった様々な便利アイテムが、各所に隠されています。本作のインベントリシステムは、所有品よりも強力な武器やアイテムの存在を自動的に知らせてくれるため、低ティアアイテムを使わずに済みます。これで、役に立たないアイテムを慌てて誤用することもありません。

また、チームの仲間と協力すればアイテムの位置を知らせあうこともできます。タグからはアイテムのレア度を知ることもできるため、高レベルのアイテムの見落しを防ぐことができます。さらに倒した敵はアイテムをドロップし、そこからかなり強力なアイテムが手に入ることも多いため、回収漏れがないようにしましょう。たった1つのアーマーが勝負を分けることもあるため、アイテムの存在には常に注意を払いましょう。

 

Xbox One、PlayStation® 4、Origin(PC)で「Apex Legends」を無料でプレイ*しよう。

今すぐニュースレターに登録して、「Apex Legends」の最新ニュース、アップデート、開発舞台裏コンテンツ、限定オファーなど(EAニュース、製品、イベント、プロモーションを含む)をメールで受け取ろう。

TwitterInstagramで「Apex Legends」公式アカウントをフォローし、YouTubeでチャンネル登録。さらに、ゲーム公式フォーラムもチェックしよう。

*対象機種のアカウントとサブスクリプション(別売)が必要になることがあります。インターネットの常時接続環境とEAアカウントが必要です。年齢制限が適用されます。ゲーム内購入が含まれます。

関連ニュース

「エーペックスレジェンズ」ファンアート・チャレンジ受賞者発表

Apex Legends
2019/04/02
最優秀賞の受賞作品をご覧ください。

エーペックスレジェンズ プレイ・オブ・ザ・ウィーク – 3月29日

Apex Legends
2019/03/29
世界と1人で戦うよりも、危険な逆境は存在します。今週は部隊を一気に殲滅する、驚きのプレイをチェック!

エーペックスレジェンズ・ファンアート・フライデー – 3月29日

Apex Legends
2019/03/29
「エーペックスレジェンズ」のスタッフおすすめコミュニティー作品を紹介します!
ホーム 情報 レジェンド よくある質問 PCのスペック: ニュース メディア フォーラム 今すぐ無料でプレイ* twitter instagram twitch facebook youtube

 

© 2017 Electronic Arts Inc.
© 2017 Electronic Arts Inc.
© 2017 Electronic Arts Inc.
ゲームを見る 最新ニュース ヘルプセンター EAフォーラム EAについて 採用情報 United States United Kingdom Australia France Deutschland Italia 日本 Polska Brasil Россия España Ceska Republika Canada (En) Canada (Fr) Danmark Suomi Mexico Nederland Norge Sverige 中国 대한민국 法的表示 オンラインサービスアップデート ユーザー同意書 プライバシー&クッキーポリシー(お客様のプライバシーの権利)