Home

サイレント・ワンを

コンセプトアーティストのオロヴ・レッドマルム氏がZoink Gamesの新作品Feの中の二本足の悪者、サイレント・ワンをのデザインと考案過程についての内情をお話ししてくれます。

森は水、地面、そして空の生物たちが調和を取りながら共存する、色と歌に溢れる素晴らしい場所です。この繊細なエコシステムが、新しく訪れたサイレント・ワンをによって脅かされるようになったのは最近のことです。




森とその住人たちは歌によって活力を得る一方、サイレント・ワンをは歌を阻止して、その存在感で周りの音を衰えさせるのでした。彼らは二本足の機械のような生物で、まるでどこか見知らぬ危険な場所を探索する水中ダイバーのように、慎重に辺りを彷徨います。この侵入者たちは、見据えるような一つ目で冷淡に周辺を見回し、その行く手に現れる生物はすべて捕まえてしまいます。何かを探しているかのように、古代遺跡を訪れながら、古い機械に電源を入れて、野生で実験を行うのでした。



色鮮やかで青々とした森とは裏腹に、サイレント・ワンをは堅い物体で、有機体というよりは黒い金属か何かで出来ています。森の生物に関しては、Zoink Gamesのコンセプトアートチームは自分達が知る野生動物からインストレーションを得て、動物達を組み合わせ、そしてそれらに捻りを加えたものです。

でもサイレント・ワンをに関しては、そのほとんどが人間からインスピレーションを得ています。私達が作り上げた不思議な機械を動物や子供達はどう解釈するでしょうか?コンセプトアーティスト達は目的を果たすものでありながら、一見見ただけでは何か分らない見覚えのない機械を作り上げようとしています。がっしりと重くとげとげしい詳細で、愛想のないデザインを考えています。



スカンジナビアでは、美しい自然を探索していると古いルーン石碑が見つかることがあります。その多くは、先住民たちが残したそのままで残されています。成功した狩りについてや、亡くなった方に関するお話しを語っていることが多い中、単に「やあ、僕もここにいたよ!」というようなシンプルなメッセージであることもあります。

解明されることもなく、石碑の理解は困難なものの、何を言おうとしているのか、大まかには分り、神秘的で不思議な感情に包まれます。





Feの森全体に散らばっている石の彫刻のデザインは、このような感情を出そうとして作られたものです。これらは周辺のエリアやある特定の生物との出会い、あるいは遠い昔に起こった、ある大きな出来事についてのお話しを語っています。

新しい探検者の方は、次の回り道を使いましょう。 サイレント・ワンをは避けて通りましょう。でも安全な場所から、彼らを見てみてください。誰も見ていないと思っている彼らが何をするか、見てみましょう。

ゲーム一覧 最新ニュース ヘルプセンター EA フォーラム このサイトについて 採用情報 日本 United States United Kingdom Australia France Deutschland Italia Polska Brasil Россия España Ceska Republika Canada (En) Canada (Fr) Danmark Suomi Mexico Nederland Norge Sverige 中国 法律要件 オンラインサービスの更新 ユーザー契約 プライバシー & クッキー