ディーラー、ガレージとパーツショップ

マシンとカスタマイズは「Need for Speed」を特徴づける2大要素ですが、今作「Payback」ではこれらの利用方法がこれまでになく充実します。 マシンを購入し、新パーツを手に入れ、マシンコレクションを保管できる便利な新ガレージを見つけてゲームを楽しみましょう。

ディーラー
「Need for Speed Payback」をプレイしていると、新しいマシンが欲しくなる時期が訪れます。 その理由としては、新着イベントで特定のクラスのマシンが必要となったり、あるいは単にコレクションを充実させたいということもあるでしょう。

マシンを購入するには、フォーチュンバレーの各地に点在するディーラーへ向かいましょう。 何かエキゾチックなものが欲しいときは、 FVXエキゾチクスへ行けば、新しいホイールを一式購入することができます。 ディーラーは他にもそれぞれ、クラシックやマッスル、ラリー、スポーツ、スポーツコンパクトの分野に特化しています。

ディーラーでは在庫マシンがいつもそろっているわけではないので、繰り返し来店して販売中の商品を確認しましょう。

パーツショップ
マシンを所有することは大切ですが、本当に肝心なのはそのエンジンルームの中身です。 フォーチュンバレーの各地に出店されたパーツショップでは、運が良ければこれまで探し求めてきたパーツや部品が見つかります。

「Need for Speed Payback」をプレイしていると、イベントに勝利することでパーツが手に入りますが、特定のパーツを探している時にはパーツショップを訪れるといいでしょう。 少し運が良ければ、欲しかったパーツがここで見つかります。

パーツショップの在庫は頻繁に変化するので、定期的にチェックしましょう。思わぬ掘り出し物があるかもしれません。 こだわりの性能向上パーツの他にも、ボンネットやスポイラー、フェンダーといった厳選商品や、ガレージに保管している他のビジュアルパーツから品定めができます。

新しいパーツを手に入れるもの一興ですが、本来の目的はそれを装備することです。 パーツショップにはこの機能も用意されており、最近買ったか手に入れたあらゆるパーツを、ガレージに戻ることなくマシンに装着することができます。

ストリート(やオフロード)で暴れ回るモンスターマシンを生み出すにはエンジンルームの改造が必要ですが、完璧な美しさを誇るマシンで颯爽とスタートラインに登場するより気持ちいいことが存在しないことも、また否定できませんね。

ガレージ
拠点を離れた憩いの地、ガレージは魔法が起きる場所。そしてさらに重要な役割は、マシンとパーツを補完することです。 マシンの変更、マシンのパーツ構成の調整、塗装やラップエディターの使用、ビジュアルカスタマイズ、リサイクルマシンの制作や所有マシンの売却を行いたくなったら、ここを訪れましょう。

さらに今作では…複数のガレージを用意しました!

「Need for Speed Payback」のプレイを進めると新しいガレージを購入できるようになり、仮想倉庫に保存できるマシンの数が増加します。 5箇所のガレージをすべて手に入れると、仮想倉庫のスペース制限が撤廃され、マシンを好きなだけ所有できるようになります。

ガソリンスタンド
「Need for Speed」シリーズのファンの皆様にはお馴染みのガソリンスタンドが、「Payback」にも登場します。

ガソリンスタンドをマシンで通過するとナイトロが満タンまで補給され、車体にダメージ跡があればそちらも修復されます。

「Need for Speed Payback」のカスタマイズの詳細をチェック。カスタマイズ入門ページへ移動して、夢の1台の制作計画を立てましょう。